FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節分ボーリングで鬼退治

2月3日の節分の日、グループホームでは、職員作成の鬼のピンを使ったボーリングを行いました。

最初はボールをどう投げたらいいか迷っていた利用者様も、2回目以降は慣れてきた様子で、それぞれ自己流の投げ方で投げて、楽しまれていました。
upぼ

1人が投げる様子を全員で見守り、たくさんピンが倒れると、全員から歓声が上がり、盛り上がっていました。


upぼ2
ゲーム後は、大迫力の手作り鬼の仮面の職員と、ポーズもばっちりで記念撮影をされていました。




おやつは豆のかわりに、甘納豆を提供し、おいしく食べていただけました。
スポンサーサイト

節分バージョン 玉入れゲーム

特別養護老人ホームでは、2月3日、午後から鬼の顔の玉入れゲームで、一緒に楽しみました。
upすろ
玉を入れる場所ごとに得点数が違い、高得点を狙って皆さんに挑戦してもらいました。

用意した鬼のかつらを皆さん自ら被られて、やる気十分な様子です。
upすろ2

的をじっと見つめ、狙いを定めて球を投げ、外れると とても悔しそうな様子でした。

そして高得点の所に入ると、周りから「おーっ」と歓声と拍手がおこり、得意げな様子で次々挑戦されていました。

upすろ3

思っていたより力が強く、離れたところにも軽々入れる利用者様や、常になく機敏に投げる利用者様もいて、意外な一面を見ることもできました。


2月の利用者様の誕生日も一緒にお祝いさせていただきました。
upすろ4

大きなプレゼントの袋に驚きの表情です。
中身は、寒い時期にぴったりのあったかグッズということで、その日からさっそく使って下さっていました。


おやつはゲームの景品のプリンです。
「ええやつやなあ」「おいしいわ」と、喜んで食べていただけました。

お鍋と1月の誕生日会

連日雪が降る寒い日が続いています。
そんななか、1月のケアセンターの誕生日会は、暖まってもらえるように鍋パーティを企画しました。
おいしいものをたくさん食べて暖まってもらいたい、ということで、出汁や肉団子作りなど、前日から仕込むほど、職員も気合が入っていました。

up1月
当日の野菜のカットなどの下準備は、誕生日の主役の利用者様も自ら率先して手伝って下さいました。
おかげで、あっという間に準備が終わりました。有難いです・・・

女性の利用者様たちのグループは手際よく、職員が何もする間もなく、自分達でほとんどの調理や作業をして下さいました。
up1月2



こちらは男性だけのグループ。
up1月3
気心知れた雰囲気で、会話よりも食べることに集中されている様子で、お肉も野菜もどんどん食べて下さっていました。


お味を聞くと、「おいしいで」、「いい味やわー」と、皆さん笑顔で答えて下さいました。
up1月4
たくさん食べていただき、「なんか暑くなってきたな」と汗をかいている利用者様もいるほど、温まっていただけたようでした。

おやつの時間には、職員から寄せ書きのプレゼントとケーキをお渡ししました。
up1月5
ろうそくの火も全員で消してもらいました。



「こんなにお祝してもらえるなんて」と、中には号泣されてしまう利用者様もいて、とても喜んでいただけたようでした。
up1月6
1月は誕生日の利用者様が多く、大勢でお祝いできたので、とても賑やかな盛り上がった誕生日会となりました。

グループホーム新年会 すき焼き♪

1月中旬、グループホームの新年会も兼ねて、利用者様と職員全員ですき焼き行事を行いました。

upすき

ぐつぐつ煮えてくると、甘い匂いが部屋いっぱいに広がり、「いっぱい食べるで」、意気込んで、出来上がりをじっと待っていてくださいました。


利用者様に味見をしてもらい、「ばっちり!」と合格点をもらえました。
upすき2


旬の野菜もたっぷりで、お肉も「やわらかくておいしい」と喜んでいただけました。
upすき3

普段は各テーブルに分かれてご飯を食べますが、この日はテーブルをつなげて、全員ですき焼きを囲み、職員も利用者様も一緒にご飯を食べました。


午後からは、カラオケも行い、全員で懐かしい歌や好きな歌などを一緒に歌い、楽しみました。

ちゃんこ鍋&寄せ鍋

利用者様からの希望で、特別養護老人ホームでは、1月に各ユニットで お鍋をしました。

ちゃんこ鍋と寄せ鍋の定番2種類の味を用意。
upなべ
鶏団子や、野菜各種、豆腐もたくさんあります。
upなべ2
お鍋のいいにおいに食欲をそそられ、できたてあつあつのお鍋を、冷ます間もなく食べられていました。


upなべ3
「嬉しいわあ」「あったまるなあ~」と、とても喜ばれていました。
どちらの味も食べたい、とほとんどの方が2杯以上おかわりもされていました。
ちゃんこ鍋と寄せ鍋の出汁の2つの味を合わせてみると、これが一番おいしいかも!と盛り上がる場面も見られ、いつも以上に会話も弾む和やかな雰囲気でした。

締めのうどんを楽しみにされ、具材を食べるのを控えめにされていた方もいます。
冷え性だという利用者様からも、「ぽかぽかしてきたわ」と、この日は体の芯から暖まってもらえたようでした。
ケアセンター紹介(動画)
プロフィール

姉川スタッフ

Author:姉川スタッフ
滋賀県長浜市にある、社会福祉法人さざなみ会の「特別養護老人ホーム姉川の里」、小規模多機能型居宅介護「ケアセンター姉川の里」、「グループホーム姉川の里」を併設した介護施設です。いつまでもその人らしく生活できる、利用者様の生活の延長上にある施設を目指し頑張っています。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。